虫歯

虫歯

虫歯ってなに…?

歯の病気の中で一番多いのが「虫歯」です。
「虫歯」とは、歯垢の中の細菌が酸を出すことによって、歯が溶けてしまう病気です。
日本人の約90%以上が虫歯にかかっていると言われています。

虫歯の穴が、歯髄(神経)まで達すると非常に痛みますが、それまではあまり自覚症状がありません。さらに虫歯が進行して歯髄が死んでしまうと痛みは治まりますが、 歯根の中が腐敗し骨内に膿をためる病気へと悪化します。

虫歯はどうしてできるの?

食べかすを数分後(3分位)から、虫歯をつくるミュータンス菌などが分解して酸にします。この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に穴をあけます。これが虫歯のはじまりです。

虫歯の進んでいく様子

最初の時期の治療は、簡単で期間も短くてすみます。しかし、だんだんと虫歯が進行していくと、激しい痛みや、ズキズキする痛みに襲われるだけでなく、治療も複雑になり期間も長くなり予後にも不安が残ります。

虫歯と食べものの関係

虫歯と食べ物
糖分の中でも、ミュータンス菌などの虫歯菌の栄養となるのは主に、ショ糖、ブドウ糖、果糖です。
これらを多く含む食品は、虫歯の危険性が高いといえます。
また、食べるのに時間がかかるものや口の中に残りやすいものなども、虫歯になりやすい食品といえます。
反対に、繊維性の食品や歯ごたえのある食品は、自浄性があり、かむことで唾液の分泌量が増加するため、虫歯になりにくいと言われています。

虫歯は予防が大切です!

一度、虫歯になったら自然のままでは、決して元には戻りません。
治療を受け、それ以上進行しないようにするしか歯を守る方法はありません。虫歯が出来る原因を知り、予防を心がけることが大切です。


健康な歯は、あなたの少しの努力で、いつまでも守ることが出来ます。


copyright